コーティング施工環境、作業の流れ 埼玉 K.Mカーリフレッシュ







Coating work flow





☎/📠 048-441-1342       📱 090-8515-9470 

ボディコーティング

ルームクリーニング カーフィルム 中古車販売、他

その他、業務

ブログ①  ブログ② 店舗案内 お問い合わせフォーム


コーティングご案内

コーティング
ギャラリー

  
施工環境
作業の流れ
コーティング剤
参考価格

その他メニュー
 

コーティング
Q&A

 



施工環境 と 下地処理の重要性
作業の流れをご説明する前に、どの様な環境でコーティング作業を行うか、最適な 『施工環境』 と コーティング塗布前の 『下地処理(車磨き)』 が適切でないと、いくら良いコーティング剤を塗布しても状態の悪いままコーティングする事になり、仕上がりや持続性などに影響を及ぼします。ボディ状態を把握する 『照明』 も適切な下地処理を行う上で重要で、個々のライト照射特徴により、傷やシミの見え方が違います。当店では各種ライトを設置し、パネル毎に見える状態を作り出し、ボディ状態を把握しながら下地処理を行い改善しコーティングを施します。

*良く判らないお客様はご説明致しますので、現在のボディ状態をご自身の目でご確認下さい。ご希望のお客様は一部試し磨きも致しますので、お気軽にご相談下さい。
ボディ状態を把握する各種ライトの設置
ボディ状態を把握する為の高照度LEDスポットライト、メタルハライドライト完備

サイド用ライト、防塵床、遮光カーテン、空調管理
サイドパネルや前後のボディ状態を確認するライト、防塵床により埃などの舞い上がりを極力抑え、遮光カーテンで暗室を作り出し外部からの明かりをカットする事により、更に見えるボディ状態を作り出します。最終確認などで外部の明かりが必要な場合も即座に対応可能です。又、空調完備により一定以上の悪い環境下で対応可能です。


before
after


before
after

綺麗に見えたボディ状態は ➨

洗車キズで覆われていました。
次の項目

下地処理後はご覧の通り、綺麗に改善致しました。

当店では車の状態に合わせた最大限のコーティング作業ができるよう体制を整えております。



作業の流れ 17
4 にダメージ改善例、参考動画あり)


/ 7 車両状態チェック
お持込時に車両の状態チェックや試し作業(必要な場合)を行い現状のご説明と施工後の状態説明、作業内容(施工価格、オプション作業の有無、コーティング剤の選択など)の最終決定を行い作業に入ります。


次の項目
 
/ 7 各所クリーニング
足回りの洗浄及びホイール、タイヤ、ヒンジ、水切部位、給油口などの汚れを除去します。

浄水器
コーティング作業に使用する水は、水道水に含まれる塩素や不純物を取り除く為、2層式浄水器でろ過されたピュアな水を使用致します。


ホイールクリーニング
ホイール洗浄前
before
ホイール洗浄後
after

ヒンジ、水切部、給油口クリーニング
ドアヒンジ洗浄 給油口洗浄

次の項目
 
/ 7 洗車~付着物除去
ボディを洗浄し付着物(鉄粉、ピッチタール、塗料ミスト、虫跡、樹液など)を除去します。

鉄粉 
液剤の鉄粉反応、除去 粘土で鉄粉除去

次の項目
 
/ 7 マスキング~車磨き
付着物が除去出来たらエアブローで水分を除去。各所マスキングを施しボディ磨きに入ります。外敵要因をシャットアウトする屋内ブースで各種ライト、ポリッシャー、バフ、コンパウンドを使い分け、状態(ダメージ)に応じた磨きで改善して行きますが、塗膜の関係から必要最低限の磨きで改善致します。
*塗膜マージン確保の為、深いダメージの部位は磨きで改善できない(しない)、又は一部残る(残す)場合がございます。(深い磨きに対応する場合)


塗膜マージンとは?
ボディの塗装には厚みがあり、傷やシミの深さを考慮せず磨くと、塗装膜がなくなってしまいます。車個々の持つ塗料や塗装の厚みも全て同一ではなく様々で、再塗装された部位を含め、どの位の磨きを行うかは非常に難しく、経験や知識が必要になります。

高圧エアー
洗浄後の水分をクロスで拭き上げても細部や水切部など完全に水分は取り切れませんので、エアブローで水分を吹き飛ばします。

塗膜計(膜厚計)
ボディ磨きとはμ単位の世界で非常に薄い塗膜を磨いて行く作業です。現在の塗膜確認やハードな磨きを必要とする場合、塗膜マージン計測の必需品です。


マスキング例
マスキング例


磨き工程
当店では現在、磨き(ボディ研磨)工程の設定はしておりません。程度(新車、既存車)や塗装の質(硬い、柔らかい)などの兼ね合いから作業しないと判らない場合もございますので、一口に何工程の処理との判断はしておりませんが、通常、濃色車程度悪い(洗車傷ウォータースポット、クレーター多い)ボディ状態ほど磨き工程及び作業時間が増えます。

当店の「新車磨き」とは?
現在、新車の基準は初度登録後1ヶ月まで、とさせて頂いておりますが、お客様の手に渡るまでの保管状態洗車などから納車時からボディ状態が悪い(保護テープ糊跡、鉄粉付着、洗車キズ、シミなど)、納車後に状態が悪くなったなど様々です。ですので新車のボディ状態(下地)が全て良いとは限りません。当店ではボディに問題がないと思われる納車直後の新車も状態確認を行い、ボディの更なる光沢UPや塗装面の平滑、コーティング密着度を上げる目的から新車磨きを行います。

各種ポリッシャー
程度に合わせた磨き、最良の状態に仕上げる為、数種類のポリッシャーを取り揃えております。ポリッシャーは大きさやトルク、回転の動きに特徴がありますので、各ポリッシャーを選択しながら磨いて行きます。

各種バフ、コンパウンド
程度に合わせた磨き、最良の状態に仕上げる為、数種類のバフ、コンパウンドを取り揃えております。ポリッシャーとのマッチングやバフの目の粗さ、コンパウンドの粒子を選択しながら下地改善して行きます。

ドアゲートストッパー
リアドアの下は通常バンバーが出てますので、閉じた状態ですと際まで磨けません。ストッパーを使いドアを持ち上げ固定し磨いて行きます。



ボディのダメージと下地改善 例
新車ダメージ、鉄粉、傷、シミ、艶引けなど掲載


保護シール糊跡(新車
ボディの保護シール糊跡が残っている場合もございます。
保護シール糊跡 保護シール糊跡


鉄粉(新車
綺麗に見えた車両でしたが鉄粉が反応、付着を確認致しました。
液剤にて鉄粉反応 液剤にて鉄粉反応


洗車傷 / 傷(新車
保管状態などから新車でもダメージが確認される事は多いです。
新車ボディの傷
before
新車ボディの傷、磨き後after
 

before

after


シミ(新車
入庫時、平面部に確認されたシミ。
新車ボディに確認されたシミ
before
新車ボディのシミ除去、磨き後
after


肌調整(新車
塗装面のぼやけた状態を改善。
(新車でも一部の車両に見受けられます。磨いて見ないと判りませんが塗膜に影響ないレベルで仕上げます。通常の新車磨きよりハードな磨きになりますのでご要望の場合のみ受け付けます)
新車ボディのゆず肌
before
新車ボディのゆず肌、磨き修正後after



磨き傷(オーロラマーク) 参考動画
濃色車は特に太陽光に当たるとモヤモヤした揺らぎが見えます。
オーロラ傷、磨き前
before
オーロラ傷、磨き後
after


磨き傷(バフ傷)
上記、オーロラマークより深い傷で淡色でも見える回転傷。
サイドの磨き傷(バフ傷)
before
サイドの磨き傷(バフ傷)、修正後
after


洗車傷 参考動画
ボディ全体に洗車で付いた線状の艶、輝きを落す擦り傷。
殆どの車両で多かれ少なかれあるのがこの洗車傷です。
洗車傷、磨き前
before
洗車傷、磨き後
 
after
 
ボンネットの洗車傷
before
ボンネットの洗車傷、磨き後
after


洗車傷(パールホワイト)
見え難い白色に付いた洗車傷。
洗車傷 磨き前
before
洗車傷 磨き後
after


洗車傷(サイド)
サイドパネルに確認された無数の洗車キズ。
サイドの洗車傷
before
サイドの洗車傷、磨き後
after


シミ  シミの説明及び参考動画
雨水が溜まりやすい部位にできたシミ。
シミ、磨き前
before
シミ、磨き後
after


雨ジミ(ウォータースポット)
太陽光と雨水が原因で平面部に出来た無数のシミで、洗車しても取れません。
ボディ平面部のシミ
before
ボディ平面部のシミ、磨き後
after
 
ルーフのシミ
before
ルーフのシミ、磨き後
after


艶引け(白く変色状態)
塗装が経年劣化などから白くなってしまった例。ソリッド塗装に多いです。
ルーフの艶引け
before
ルーフの艶引け、磨き後
after

次の項目
 
細部用ポリッシャーで各所磨き
この通常口径のポリッシャーでは磨き切れなかった細部を、小型ポリッシャーで磨いて行きます。
細部磨き 細部磨き


before

after

次の項目
 
/ 7 脱脂作業
マスキング除去、洗車、エアーブロー、ボディ面の脱脂作業を行います。

次の項目
 
/ 7 コーティング剤塗布
この段階で初めてコーティング剤を塗布して行きます。
各種コーティング剤


赤外線乾燥機 / ヒートガン
赤外線乾燥機 コーティング剤塗布後の赤外線乾燥機、ヒートガンございます。(オプション)

次の項目

/ 7 仕上げ
タイヤその他各所艶出し、内窓ガラスクリーニング、内装バキューム、最終チェック。

車両管理について
屋内ブースでお引き取りまで大切な愛車をお預り致します。
*作業の流れは全ての車両が同一の処理を施すとは限らず一部変更、省略する場合がございますのでご了承下さい。
作業時間 : 新車~2日、既存車2~3日(変更する場合有り)



twitter facebook" 各種クレジット取扱い K.Mカーリフレッシュ(googleマップ)
Google マップ
ユーチューブ instagram



コーティングご案内

コーティング
ギャラリー

  
施工環境
作業の流れ

コーティング剤
参考価格

その他メニュー
 

コーティング
Q&A

 



ボディコーティング

ルームクリーニング カーフィルム 中古車販売、他

その他、業務

ブログ①  ブログ② 店舗案内 お問い合わせフォーム

サイトマップ


プライバシーポリシー

予定表
スマートフォンサイト


Copyright(C) K.Mカーリフレッシュ. All Rights Reserved.